KA-KUN's MobileSuit Factory BLOG

ガンダム野郎世代、かぁくんのガンプラ制作記







Hobby JAPAN 2017 7月号

IMG_3074.jpg

今月もマスオ師匠作が表紙。



サンダーボルト版の砂ザク ツインアンテナver。





作ろうと思って寝かせているうちに先を越されちまった・・・

別プランに考え直すか・・・

でも、あのバックパックの発想は無かったな、参考にしよう。

数か月前、ハイザックが無性に作りたくなって衝動買いしたんだが(安いしね)。

昔一度作ったことがあるだけにどう改修したもんかしら?と。



で、参考にしたいんでアンケートでハイザックのリクエストをしていたのが効いたのか、見事な作例が。

必見ですよ。

リメイク化が一番良いだが、量産機はそうそうないでしょうし、頑張って改造ね。

SD好きにはたまらない。

モノアイガンダム「シスクード」。



ルナゲイザーベース。



ルナゲイザー、何かに似ているとは思っていたが・・・目から鱗ね。

ミキシング中心なので真似しやすいのも良い。

ルナゲは、そのうち半額以下で投げ売りされそうな匂いがプンプンするので、その時は買いですね。

Twilight AXISにR・ジャジャが出るか・・・

いよいよ発売か?ジャジャ。




さて。

IMG_3073.jpg

ホビージャパンの読者プレゼントに当選。

はじめての、深雪&草はら。



ホビージャパンの新製品紹介コーナーで気になっていたモノ。

買おうかなと思って同シリーズ商品の千古の雪だけとりあえず注文したのが数日前。



危なかったね、一緒に買おうか結構悩んだのね。

第六感というやつか?

さぁ雪のディオラマ作るぞ~。。。
関連記事
スポンサーサイト
戯言 | コメント:0 | トラックバック:0 |

1/144 コアブースター [5]

IMG_2963.jpg

お久しぶりの登場で完成。

IMG_2965.jpg

忙しかったんで途中写真は撮ってませんが、あしからず。

IMG_2976.jpg

ブースターの方はマスキングが面倒なので筆塗りで塗り分け。

昔から愛用のアクリルガッシュ塗装。



筆の跡も残りにくいし、塗膜の弱さを利用して、はみ出しても、つまようじなどで擦れば剥がせる便利な塗装。

クリアーでコートすれば塗膜の弱さも解消されるので、筆塗りで塗装したい人は一度お試しあれ。

IMG_2967.jpg

ビルダーズパーツのバーニア内部パーツを流用。



IMG_2985.jpg

メガ粒子砲もビークルモデルのパーツ。

IMG_2978.jpg

汚しは排気のススやオイルだれ等。

フィルタリキッドのブルーで全体に青みを。



IMG_3000.jpg

IMG_3003.jpg

内部メカもビークルモデル。

IMG_3006.jpg

コアファイターは一部ディテールを作りなおしたくらい。

IMG_3011.jpg

バーニア部分の凸が磁石。






使用キット
1/144 コアブースター、RG ガンダム、ビークルモデル Yウイング・スターファイター
  


色々と素材や道具の実験もかねての制作。

当初の予定よりも、だいぶ良い出来に仕上がったので満足。

他の旧キットも、この方法で作ってみようかしら?

とにかくビークルモデルは素材として非常に良いです。

他のビークルモデルも買ってみましょう。

ということで、1/144 コアブースター、今日まで~~~~~~~
関連記事
1/144 コアブースター | コメント:0 | トラックバック:0 |

ゲイレール改 アヌビス 

IMG_3014.jpg

完成。

IMG_3025.jpg

IMG_3031.jpg

結局ゲイレールベースに変更。

だってカメラがクリアパーツだから。

エジプトの神「アヌビス」をイメージ。

流星号の目のアートデザインがエジプトの壁画の目っぽいなと思ったのがきっかけ。

IMG_3036.jpg

フレームを間に挟んで延長。

IMG_3039.jpg

ファラオ的に。

エジプトっぽく。

IMG_3043.jpg

バルバトスの脚部ベースの大型クロー。

IMG_3046.jpg

バルバトスのメイスにモックアーミーセットの斧。

IMG_3048.jpg

ゲイレールの装甲をシールドに。

IMG_3051.jpg

オプションセット+モックガトリング。

IMG_3055.jpg

ゲイレールと流星号の脚部にバルバトスのブースター。

タンクはモックガトリング。



使用キット
HG ゲイレール、流星号、ガンダムバルバトス第6形態、オプションセット2、モックアーミーセット


THE-O rphans同様、ミキシング作。

各使用パーツは途中画像で言うと、ピンクは流星号。グリーンはゲイレール、ホワイトはバルバトス、股間のイエローはリベイクとなっております。

一部加工及び接着はしていますが8割がたはミキシングだけで再現可能。

オルフェンズシリーズは価格が手ごろなので、こういう遊びがしやすくて良いですね。

皆さんもコレを参考に色々遊んでみましょう。

ということで、ゲイレール改 アヌビス、今日まで~~~~~~~
関連記事
HG ゲイレール アヌビス | コメント:0 | トラックバック:0 |

今月の一冊。。。

毎月、まだ作品を読んだことが無い作家さんの作品、かつ1~2カ月以内に出た新書を読もう計画。

5月は。

IMG_3065.jpg

藤崎翔

殺意の対談




前作の神様の裏の顔で話題の元芸人さんの最新作。

神様の裏の顔も気になってたんだが、丁度新作が出るというので今月の一冊に。

対談形式という今までにない構成。

対談と同時進行で心の声も描かれる方式で面白い。

伏線があちこちにちりばめてあり、展開も二転三転。

各章ごとの人物も、関係ないようで読み進めるうちに複雑に絡み合う。

展開が読めたと思った矢先に裏切られる。

要所要所に笑い要素もしっかり入れてあり、ダレルことなく一気に読み進めてしまいました。

最後は ちょっと弱いかな?、という気もしなくもないが、読んでみて損は無しと言えると思います。

ただ、お子さん向きではないエグイ描写も ちょくちょくあるので、そこは注意。

今後の作品も楽しみな方ですね。
関連記事
戯言 | コメント:0 | トラックバック:0 |

HG 流星号 [2]

IMG_2954.jpg

IMG_2956.jpg



続く。。。
関連記事
HG ゲイレール アヌビス | コメント:0 | トラックバック:0 |

Xシリーズ

IMG_2958.jpg

森博嗣。

Xシリーズも いよいよ最終。

ダマシ×ダマシ



真に楽しむなら、「すべてがFになる」のS&Mシリーズから。



Vシリーズ四季シリーズGシリーズと各シリーズを読むと良い。

各人物の各シリーズに またがった複雑に絡み合った関係性が実に面白いのである。

ただしS&M、Vシリーズは文章量が ものすごいので、普段読書しない方にはオススメできない。

G、Xは比較的読みやすく、時系列も ほぼ同じくらいなので、初心者は この2シリーズから入ると良いかもね。

さて、

ネタバレになるので詳細は書かないが。

最後の最後にGシリーズとの衝撃リンク。

読み返すと、所々にソレを匂わすように ちゃんとワードが ちりばめてあるから流石よね。

Gシリーズの最新刊でも最後、見事だったもんね。




実に楽しめました、2日で一気に読んじゃった。

Gシリーズの次作は いつになるのかな?

それまでには、まだ読んでない森作品(百年、W等ね)を消化していきましょう。。。



関連記事
戯言 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| ホーム |