KA-KUN's MobileSuit Factory BLOG

ガンダム野郎世代、かぁくんのガンプラ制作記





MG ギラ・ドーガ [1]

とうとうきました。



ギラ・ドーガ!!!

実に良い!

カッコイイ!

休日を丸々使って組み立てました。

IMG_69512.jpg

パチ組みならそう時間はかからないだろうが、ヒケだったりパーティングラインだったりを処理しながらなので・・・

で。

シールドは使いません。

マラサイのシールドを使います。

IMG_6954.jpg

バックパックも使いません。

コチラもマラサイを使います。

余談ですが、無加工で取り付けできます。

さて、ザク&グフ2.0からマラサイの流れ同様、各ポリキャップなどの規格がマラサイと一緒です。

・・・が。

IMG_69552.jpg

ザクとマラサイと違い、設定上の大きさや間接の形状が違うので容易な組み換えは出来ないです。

で、組んだ感想。

マラサイで完成された構造はそのまま引き継がれ完成度はさらに上がっています。

マラサイでの不満点であった武器の保持力も、手首にピンを設置することで解消されています。

ただ、不満点はあります。

各パイプが取れやすい。

稼動指の付け根のボール部がきつい。

無理やり押し込んだら破損しそうだったので、指のボール部を軽く削って対処しました。(後々金型が改修されるとは思いますが)

ま、そうは言っても値段に対してかなりの好キットと言えると思います。

フレームのランナータグには、ネオ・ジオン フレームと記載があったので、設定上も同じフレームのヤクト・ドーガも後々発売が期待できそうであります。

皆さんもこの夏は是非ギラ・ドーガをお試しアレ!!!
関連記事
スポンサーサイト
MG ギラ・ドーガ | コメント:0 | トラックバック:0 |

HGUC ハイゴッグ [2]

IMG_6950.jpg

ダイソーの軽い紙粘土、実に良い。

岩場、海、砂浜を作り。

アクリルガッシュで塗り。

コレはあくまで表面に耐水性の皮膜を作るためなので色やはみ出しは気にしない。

このあと油絵具で塗装。

やはり発色の良さは油絵具が一番。

筆塗りで容易にグラデも出来るし。

ただ・・・乾燥が遅い。

臭いも若干ある。

続きは乾燥後。。。
関連記事
HGUC ハイゴッグ ディオラマ | コメント:0 | トラックバック:0 |

HGUC ハイゴッグ [1]

締め切り間近でいっぱいいっぱいにもかかわらず。

IPPAI OPPAI ボク元気。

・・・もとい。

今年のオラザクは全部門参加してみようという荒行を自分に課してみようと思う次第。

ジュニアコース以外ね。

というわけで、ハイゴッグでディオラマ。

IMG_6936.jpg

ゴッグより断然カッコイイ。

IMG_6937.jpg

肩アーマーをアトハメするため加工。

PCの方だけ残し反対側はカット。

IMG_6947.jpg

とりあえず手元に残ってた材料で・・・

IMG_6948.jpg

ハイゴッグはディティールをなくしたり、形状を変えたり・・・

続く。。。
関連記事
HGUC ハイゴッグ ディオラマ | コメント:2 | トラックバック:0 |

GBWC [2]

IMG_6940.jpg

お仕事急に忙しく・・・

作業進まず・・・

PCも二週間?ぶり・・・

形は大体出来・・・

IMG_6949.jpg

外装に溶きパテ・・・

まだまだ加工待ちのパーツ多々・・・

間に合うか?・???・・・
関連記事
GBWC | コメント:2 | トラックバック:0 |

GBWC 2013 [1]

GBWC。

もちろん今年も参戦。

ネタも準備し、材料も去年暮れには大体そろえておいた。

・・・が。

結局今頃開始。

オラザクも〆切が同時期なので急ぎます。

IMG_6938.jpg

現状。

頭がエイリアン状態www

最近マイブームの瞬着+重曹で各パーツを強固に固定し、瞬着+ベビーパウダーの瞬着パテでざっくり間を埋める。

ベースはクシャトリヤ。

もう気づく人は気づくとは思いますが。

アレっぽくします。

続く。。。
関連記事
GBWC | コメント:2 | トラックバック:0 |

Hobby JAPAN 2013 8月号。。。



先週は買い物に行く元気も無かったくらい忙しかったので、今月号のホビージャパンようやく購入。

電ホビはガン王の予選通過作が載っているが、逆に言えばそれだけの内容だったのでスルー。

トランスフォーマーもマクロスも興味ないし。

ヤマトはアニメこそ好きで見てるがキットには興味が無いのでね。

正直ガンプラ王のこと、忘れていたわけで。

予選は通過したので良かったかな?

来月結果発表だから、もう編集部での現物審査もとっくに終わってるころでしょう。

今年も駄目だった、残念。

でも正直、近年の電ホビのコンテストの審査基準がよくわからなかったりするので、それほど悔しい気持ちもわいてこなかったりする。

???ってのが結構あるからね、電ホビは。

で。

ホビージャパンに戻りますが。

やっぱり内容の質はこっちの方が断然上。

内容は各々買って読んでみていただきたい。

マスオ師匠の作例はないので、そこだけ残念ですが。

先月?先々月?から予想していたオラザク。

答えは予想の中の一つ「MG ギラ・ドーガ」部門でありました。

SEED部門は良く考えたら10月号に付録がつくわけだから、ソレを使ったコンテストがあるに決まってるもんね。

で、ギラ部門は当たったものの・・・

発売日も考慮して〆切が変わると予想していたものの従来どうりの〆日。

余裕をもって製作、撮影、現像、発送を考えると・・・

発売日にゲットし作り初めたとして期間は約一ヶ月。

いかに時間をかけずに凝った目を引く作品を作るかが勝負。

さて、どうする。。。


関連記事
戯言 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| ホーム |