KA-KUN's MobileSuit Factory BLOG

ガンダム野郎世代、かぁくんのガンプラ制作記





バンシィ ヘッドディスプレイベース [1]

最近、アイデアが湯水のように湧き出てきて、ドレを作っていこうか迷いに迷っているワタシ。

今月号のHJを読んだが、オラザクには一切触れられていなかったので何部門があるか不明。

ガンプラ、ガンプラLOVE、ディオラマ、ジュニアコースは間違いなくあるだろうが。

SDコースが来るか?マラサイのような部門が来るか?

AGEがやってる最中なら、かつてのUC部門のようにAGE部門だろうが放送終了してだいぶたつしね。(人気の点でも・・・)

マラサイのような場合だと仮定すると、毎年だいたい7月号には詳細を発表してるから、5月~6月初めくらいに発売のキットだろうと目星をつける。

間近の発売ラインナップと各模型誌の流れから予想すると・・・

大本命は、おそらくSEED部門orSEEDの特定のキットを使った部門ではないかと予想。

さぁ予想は当たるか?

で、そんな中。

とりあえずガンプラLOVE部門は間違いなくあるでしょうから、ソチラをそろそろ始めていきます。

IMG_6403.jpg

万死に値する。

そう、蛮士威凰[バンシィオー]である。

ホビージャパン5月号を買った人は皆色々な意味で衝撃を受けたであろう、マスオ師匠の作例。

真似る人はそういないだろうが、セイラ氏が素人の頃からの長年のファンであるワタシは真似るのです。

コレ、バカにする人もいるかもしれんが、実際にやってみるといい。

まぁ、難しい。

変形を考えなければ容易だろうが、変形機能もとなると・・・

そして構成が秀逸。

ゼロからこのアイデアを生み出す発想力には脱帽である。

そしてパテを使ってないということ。

ワタシには無理なので早々にパテを使用しています^^;

ただ、ちょっとした不満点も無くも無い。

肩はもっと大振りで派手な形状が良いんじゃないか?(変形時に関してはシンプルで良いと思うが)

足は1/144を重ねるよりも1/100クラスを使った方が良いんじゃないか?(高さは良いが横幅のボリュームが足りない気がする)

どうせならオービタルの足の稼動をいかしたほうが良いんじゃないか?(師匠はシャルドールをベースにしている)

前腕は、もうちょっと太い方が良いのではないか?(AGE系は特に腕が細めなので)

等など・・・

あくまで完全再現はせずに自分流に再構築。

そしてグランゾート世代としては、素手じゃ寂しいので、でっかい剣も欲しいところ。

続く。。。
関連記事
スポンサーサイト
バンシィ ヘッドディスプレイベース | コメント:0 | トラックバック:0 |

HGUC ゴッグ [1]

GBWCやオラザクの製作が進まない中、また作りたいだけで手を出しました。

IMG_62892.jpg

キット二個分を使って腕を延長。

左が素組み、右が延長後。

コレといって加工は必要なし。

キット2個買えば出来ます。

IMG_6290.jpg

同じく左が素組み。

右が加工後で、親指(親爪?)を他の指と同じ物に。

干渉部分さえ削れば装着可能。

コレも2個買いで・・・

コレもほんのりharry氏の作例の雰囲気で作っていこうかと。

基本は、ほぼキットのままでいきますが^^;

で。

IMG_6402.jpg

関係ないが、今頃ようやくバンシィヘッドを組み立てる。

うん、造形といいギミックといい、よく出来てるわ☆

・・・もちろんコレはゴッグには使いませぬぞ。。。
関連記事
HGUC ゴッグ | コメント:0 | トラックバック:0 |

HGUC ゲルググ [2]

IMG_6286.jpg

真っ白です。

白狼ではございませぬぞ!

アンテナはキャノン用を使用しharry風に前方へ斜めに。

豚鼻があまりに豚鼻すぎるので形状変更。

各部ちょっとしたところにharryゲルググ風のディティールを追加。

IMG_6287.jpg

おしりに謎のディティールが・・・

IMG_6288.jpg

下の成型色が出てくるようにカッターでコリコリと。

この細かい傷は筆ではどうしても出せない。

やり直し不可という高リスクでもありますが^^;

で、汚しをチラホラ。

・・・もうネタばれたかな?

続く。。。
関連記事
HGUC ゲルググ ホワイトオーガーver | コメント:0 | トラックバック:0 |

HGUC ゲルググ [1]

作りたくなったのでゲルググです。

IMG_6076.jpg

MGver1.0のようなスタイルも良いですが、この低重心なスタイルも良い。

・・・っていうか、ワタシの好きなharry氏の作ったゲルググのスタイルに非常に近い。

ということで細かいバランスをさらにharryスタイルに。

IMG_6178.jpg

左のカクッとしたのが元のライン。

右のようなラインに変更。

IMG_6179.jpg

アトハメ加工。

IMG_6180.jpg

形状変更。

IMG_6282.jpg

陸ゲルのようにガトリングを。

IMG_6283.jpg

ザク・デザートタイプのミサイルポッドを装備。

IMG_6284.jpg

同じくザク・デザートタイプのバックパック。

MSV-Rで同じようなゲルググが出ちゃいましたが、アレが出る前からこの組み合わせの準備はしてあったわけで。

もっと早く開始してればよかったんだが・・・

あえて言おう!パクリではないと!!!

・・・で、今回は装備からわかるように重力下仕様です。

続く。。。
関連記事
HGUC ゲルググ ホワイトオーガーver | コメント:2 | トラックバック:0 |

SD THE-O [2]

IMG_6277.jpg

基本塗装、スミイレ、ウォッシング完了。

昔の電撃で小林先生が作った作例っぽい色味を目指したんだが・・・

どうも微妙に違うんだよな、難しい。

全体画像公開は、とりあえず今回が最後の予定。

今月号のHJでオラザクの各部門がわかるかどうかで変わってきますが、SD部門があればソッチに出すので公開します。

無かったらガンプラ王用なので公開はしばらく無いです。

IMG_6281.jpg

で。

小林THE-Oといえばあのデカールデザインもかっこいいんですよね。

なんとかソレっぽい物を再現しようとデカール作業中。

続く。。。
関連記事
SD THE-O | コメント:0 | トラックバック:0 |

SD THE-O [1]

THE-O再開。

基本ガン王用ではありますが、オラザクでSD部門が復活してたらそっちに回します。

ではおさらい。

IMG_3677.jpg

SDジ・O。

コレはコレで悪くないんですがね。

ジオダンテを作るベースにも・・・って頭くらいしか使えねぇか。

IMG_3746.jpg

腕にMGグフカスを使用する豪華仕様。

すでに別物になりつつあるが・・・

IMG_4034.jpg

色々やって完全に原型が無くなる。

IMG_4048.jpg

で、ちょっと変わった塗装を施し完成。

コンコバコン用という意味ではコレで完成形。

だが完全な小林版となるとまだまだ。

で。

thobl6204.jpg

一度塗装を落としつつ表面処理。

前回再現をあきらめたもう一対の隠し腕(隠さない腕)を追加。

HGUC GP-03のアームをそのまま流用。

手首を可動式から固定式に。

指は動かなくなったが、その分ディティールはこっちの方が良くなっております。

シュツルムファウストをヅダから。

ライフルをHGUCのジ・Oから。(このために購入)

基本形状自体は前回の時点でほぼ完成系なので変わりません。

装甲に鋳造加工をしソロモンエクスプレス版の色合いに塗装していきます。

続く。。。


関連記事
SD THE-O | コメント:0 | トラックバック:0 |

ガンプラ王2013 [5]

特撮風に背景を空にしたいなと。

実際の空が一番手っ取り早いのだが、天気が悪かったり、異常に風が強かったりで難しい。

そこで。

IMG_6205.jpg

デカイ紙にアクリルガッシュをエアブラシで。

コレをバックにおくと。

IMG_6206.jpg

ちゃんと空っぽく。

コレでメインの撮影をします。

さて。

ガンプラ王は公開してはいけない感じなので、今回でいったんこの記事は終了です。

・・・っていっても毎回、公開してるのに予選通過してる方もいるこたぁいるんだが。

基準がイマイチよくわからない。

ま、一応ワタシは公開は控えます。

全公開はガンプラ王の投票開始後に。

ではでは。。。
関連記事
ガンプラ王 | コメント:0 | トラックバック:0 |

ガンプラ王2013 [4]

IMG_6202.jpg

ジオンの最高・・・もとい再興のシーンを参考に破壊箇所から煙が出てる感じに。

IMG_6203.jpg

細い針金を芯にコットン(綿)を盛り。

エアブラシで色付け。

ちゃんと煙に見えてるだろうか?

なんでもいきなりぶっつけ本番でやってしまうワタシの悪い癖。。。

関連記事
ガンプラ王 | コメント:0 | トラックバック:0 |

ガンプラ王2013 [3]

マジェスティックプリンスって有名なのかな?

なんか、勝手に録画されてたんで観たんだけど、SEEDっぽいキャラがマクロスの敵っぽいヤツと戦ってるギャグ的なノリのロボットアニメであった。

特に説明も無くあっという間に一話終わったのでなんともいえないが面白そうではある。

・・・な~んて。

のんびりしてたらもう4月。

〆切が迫っているので急ピッチで。

IMG_6077.jpg

ベース。

スチレンボードで上げ底。

IMG_6188.jpg

粘土を盛って調整中。

IMG_6187.jpg

近藤版ということでシュツルムファウストを自作。

だって、こんなサイズのはキットに無いから流用はできないもの。

一発使用済みという設定で一個だけ(笑)

IMG_6190.jpg

黒下地。

ゴブリンはエポパテでしたが、今回はポリパテでコーティング。

IMG_6192.jpg

サンドカラー。

IMG_6193.jpg

迷彩。

IMG_6194.jpg

シーリング部は質感を変えるためアクリルガッシュで。

昔オール筆塗りでやってた頃の名残。

IMG_6196.jpg

スミイレ兼ウォッシング。

コレで一段トーンが落ちると同時に全体が馴染む。

IMG_6197.jpg

適度に残しつつ拭き取って基本塗装おしまい。

ゴブリンの予行練習のおかげで良い感じに。

あとは汚しやドライブラシなどの微調整とコートを数回繰り返す。

早くこれが完成しないと、作業場所が無いので他のキットが作れない。。。
関連記事
ガンプラ王 | コメント:0 | トラックバック:0 |

ツイてるね、ノってるね。。。

今日は早く帰宅できたので帰りに材料補充にジョーシンへ。

プラ材と塗料だけのつもりだったのだが・・・

IMG_6181.jpg

オービタルとジャックエッジ。

なんと春のセールで半額の値段で販売。

そうか・・・今は春休みか・・・

どうりで子供が多い。

AGE系はやはり人気無いのかな?キット自体は申し分ない出来だと思うのだがね。

食わず嫌いというヤツだろうか?

さて、AGE系全部が安いかというとそうでもない。

他はせいぜい3割引前後。

この二体は出番があまり無かったからか?特にオービタルは見せ場もあまり無くボコボコ→敵に鹵獲→新型へ乗り換えって感じだったからね。

石川にお住まいでこの二体を安く手に入れたい方はジョーシン野々市店へGo!

で。

うちに着いたらメール便。

IMG_6182.jpg

講談社。

またフェーマススクールのコンテストの誘いかなと思ったら。

IMG_6183.jpg

???

なんか厚紙で保護されている・・・

IMG_6184.jpg

!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

SD武者ガンダム風雲録の特典ミニポスター!!!!!

抽選に当たったぁ!

IMG_6186.jpg

ブログではふれなかったが、実は毎月、予約開始と同時に予約注文し、全巻ゲットしていたりする。

毎回アンケートハガキに感想を書いて送った熱い思いが届いたのかな?

SDガンダム世代としては、これ以上の感動は無いね。

一生の宝物です♪

今日は実に良い日であった。。。
関連記事
戯言 | コメント:0 | トラックバック:0 |

RGザクⅡ[3]

完成

出来の良いキットは短期間で仕上がるから良いね。

blrgzrc1.jpg

ランバ・ラル専用ザクⅡ。

blrgzrc2.jpg

木馬討伐時に、もしグフが間に合わなかったら・・・みたいな。

エース機ということでS型のシャア機をベースに。

blrgzrc3.jpg

この稼動、素晴らしいですね、さすがRG。

blrgzrc4.jpg

HGガルマザクのヒートホーク。

そもそもコレを何かに使えないかってのがラル機を作った発端だったりする。

blrgzrc5.jpg

ディジェで使わなかった量産型のパーツを流用しアンテナはスタビレータータイプに。(シャアザクには付属しない)

頭部にはランバ・ラルのネームが・・・

blrgzrc6.jpg

アーマーにはラルマーク。

以前も書いたがスパイクはビルダーズパーツを使用。

残りは今後更新のHPにて。



主な使用キット
RG シャア専用ザクⅡ、量産型ザクⅡ

武器等
HGUC ガルマ専用ザクⅡ


やっぱりRGはすごい。

このサイズでこの完成度とギミックの両立は感動ものです。

難点はその素組みでの完成度ゆえの各パーツの細かさと耐久力。

気をつけないと紛失&破損の危険が高めです。

リアスティックデカールも、もう少し薄く、接着力が強くなると良いんですが。

まぁ、そうは言っても、かなりオススメであります。

ガンダムと違って、色々カラーバリエーションで楽しめるのも良い。

SEED系のRGも何か作ってみたいなと思う今日この頃。


ということで、RG ランバ・ラル専用 ザクⅡ、今日まで~~~
関連記事
RG ランバ・ラル専用 ザクⅡ | コメント:0 | トラックバック:0 |
| ホーム |