KA-KUN's MobileSuit Factory BLOG

ガンダム野郎世代、かぁくんのガンプラ制作記







HGUC 陸戦型ガンダム [1]

リクエストをいただいたので作ってみよう。

で。

地上戦セットを買いに行ったが・・・

売ってねぇ・・・

なぜだ?

坊やだからさ!

・・・

どこにいっても売ってない。

ちょっと前までどこの店にも2~3個は置いてあったのに。

なぜだ?

坊・・・

ということで普通の陸ガンにしました。

で。

IMG_5810.jpg

前に一回作ったこともあるのでサクサクっと。

このカクカクっとした感じがいかにも量産型のガンダムって感じで実に良い。

やはり出来は相当良いキット、素組みでも十分。

が、故に各関節部はクリアランスがほぼ無い。

塗装する場合は塗膜分削らないといけない。

最悪、間接部はセイラマスオ氏のように、成型色仕上げの方が良いかもしれない。

そしてこのキット唯一と言っても良い欠点。

マシンガンがなぜかABSのランナーに。

プラ用接着剤で合わせ目が消せないのだ。

なぜだ?

ぼ・・・

ということで。

マシンガンは使いません(爆)

ではどうするか?

IMG_5811.jpg

ここで登場Wよりヘビーアームズ。バンダイ ガンダムW 1/144 ガンダムヘビーアームズ WF プラモデル(X7521)


思ったより小さいヘービーアームズ。

IMG_5812.jpg

バラして陸ガン用の装備に。

ココから色々貼り付けて・・・

IMG_5817.jpg

こうなると。

IMG_5818.jpg

コンテナはビームガトリング用のジェネレーター兼、通信機兼、推進器の複合装備に。

IMG_5819.jpg

いかにも現地改修的な増加装甲をあちこちに貼り。

胸にはガトリングを。

IMG_5820.jpg

スリッパにはティエレンの足を貼り付けて"かんじき"風に。

そう、コイツは寒冷地仕様にするのです。

と同時に後ろに倒れにくくする効果もあるのです。(コンテナが重くなったので)

IMG_5821.jpg

基本、貼り付けていくだけなので、彫ったりする加工に比べてサクっとできます。(多少のセンスはいりますが)

こういう加工はジャンクが沢山あると便利。

グッチャグチャですが色を塗れば大丈夫・・・のはず。

あとはスカート裏などの細かい部分と各部のスジボリの彫り直しで塗装へ。

続く。。。
関連記事
スポンサーサイト
HGUC 陸戦型ガンダム | コメント:2 | トラックバック:0 |

HG AGE-1 [3]

ゲッツ

お久しブリーフ。

ちょっとづつではありますが進めてまいり・・・

加工は完了。

IMG_5814.jpg

次はサフですが。

いよいよ雪も降り、寒いので塗装したくない。(だれだ、今年は暖冬だって言ってた予報士は)

まぁ暇を見つけてやろうと思います。

でも本塗装は今年中は無理だね。

続く。。。
関連記事
HG AGE-1 ウイングゼロ | コメント:0 | トラックバック:0 |

HGUC 1/2(ハーフ)ガンダム [3]

いかん・・・

載せるのを忘れていた・・・

ということで。

完成・・・していました^^;

bl12g1.jpg

1/2(ハーフ)ガンダム。

bl12g2.jpg

劇中で連日模擬戦をやってたのでダメージ加工を派手目に。

bl12g3.jpg

一部、劇中とは違う形状にアレンジ。

bl12g4.jpg

胸のセンサーは大きすぎたかも・・・

なにげにG30の胴体にジムⅡのダクトを移植という面倒なことをしていたりする。

bl12g5.jpg

ライフルは劇中でもそうだったのでMk-Ⅱ。

bl12g6.jpg

本来プロトガンダム風に全部がダクトなのだが、一部を凸ディティールにアレンジ。

足はジムⅡにG30の膝を移植。

bl12g7.jpg

さて、ココでワタシ流ダメージ加工法。

リューターGSIクレオス Mr.HOBBY Gツール 電動コードレスルーター 返品種別Bで傷をつけます。(やりすぎは駄目よ)

傷の部分に暗い金属色(ワタシはアイアンMr.メタルカラー MC214 ダークアイアン[GSIクレオス]《発売済・在庫品》を愛用)を塗ります。

大きめの傷は、さらに中心部にシルバーをチョンと塗ります。(爪楊枝の先なんかで。)

使用塗料は失敗しても拭き取れるエナメルが良いとは思いますが、そこはお好みで。

最後にウェザリングマスタータミヤ ウェザリングマスターBセット(スノー・スス・サビ) 87080 返品種別Bをスリスリと下に流れるように。

以上、簡単でしょ?

もっと本格的なやり方はWebで探しましょう。




主な使用キット
HGUC ガンダムG30th、ジムⅡ、ガンダムMk-Ⅱ、他色々




中級者以上の技量があれば比較的楽に製作できると思います。

長谷川作品好きはレッツチャレンジ♪

1/2ガンダム、読んだことない方は一度お試しアレ。(ブックオフなんかにあるかもね)



ということで、HGUC 1/2(ハーフ)ガンダム、今日まで~~~。。。



関連記事
HGUC 1/2(ハーフ)ガンダム | コメント:0 | トラックバック:0 |

SDシナンジュ [7]

ようやく完成。

blrna1.jpg

ダメージ加工は、情報が散らばるのでやめました。

blrna2.jpg

鋳造加工してなければ、やっても良かったけどね。

blrna3.jpg

胸の紋章はパテで自作。

この画像だとわかりやすいが、シールドの取り付け方法を変更。

シールドラックの軸に余った丸ポリキャップを付けて画の位置につけるだけ。

blrna4.jpg

blrna5.jpg

blrna6.jpg

最後に。

blrna7.jpg

クィンと。




主な使用キット
SD シナンジュ、ノイエ・ジール、司馬懿サザビー、HG ゼダス

武器や細かい部分
MG サザビー、GP-01、HG グフイグナイテッド、MG シナンジュ、太史慈ドム、他色々




思いついた瞬間は簡単に出来ると思ったが・・・

結果、多種多様なキットとパテ類を多用。

鋳造加工のゴツイ感じの方向にしたからコノくらいの期間で済んだが、完全にリヒトを真似て豪華絢爛な感じにしていたらあと数ヶ月はかかったであろう・・・

ま、苦労の分、来年の各大会に向け、良い経験値をつむことが出来ました。

SDは、作りかけと新たに浮かんでるネタ一つが出来たら、しばらくやめようかな?

ということで、SD シナンジュ、今日まで~~~。。。



関連記事
SD リヒト・ナイチンゲール | コメント:2 | トラックバック:0 |
| ホーム |