KA-KUN's MobileSuit Factory BLOG

ガンダム野郎世代、かぁくんのガンプラ制作記





HGUCギャン[5]

日本シリーズが始まったが。

試合は3戦目ぐらいからじっくり見るとして(正直、1,2戦はどうでもいい派)、作業に没頭。

完成です。

blhggyan1.jpg

DGギャン。

ソードだけ艶有りで金ぴか仕上げ。

あとはいつもどおり、つや消し仕上げ。

blhggyan2.jpg

もし自分がビルダーズバトルに出るのならという妄想機体。

DG細胞で軽いダメージなら修復してしまうのだ!

blhggyan3.jpg

間接をハイディティールにしたことによる高い運動性と、強化したバーニアによる機動力で、一気に間合いを詰めて切り裂くのだ!

・・・

現実にプラモシミュレーターが出来るのは、いつになるのか。

・・・っていうか無理だろうけど

珍しくHPも更新したので細部の画像はソチラで。

HP→ KA-KUN's MobileSuit Factory




主な使用キット
HGUC ギャン、ドムトローペン、MG ギャン、HGFC マスターガンダム

武器や細かい部分
HGUC バウ、HCMPro ヤクトドーガ、他色々




やっぱりギャンは良いね。

マスターとのニコイチは手軽でオススメです。

それにしてもやっぱりジオン系はいい。

連邦系より作ってて楽しい。

あぁ・・・今度は水物が作りたい・・・

でも手持には無いからシバラク作ることは無いでしょう。

ということで、HGUC ギャン、今日まで~~~。。。


関連記事
スポンサーサイト
HGUC ギャン | コメント:0 | トラックバック:0 |

HGUCギャン[4]

月末は忙しいので、中々作業が進まなかったが、ようやく完。

IMG_5589.jpg

あとは細部の塗り分け、メタルパイプ取り付け、バーニアに汚しのみ。

IMG_5590.jpg

機体の色のせいか半漁人っぽくなってしまった・・・

シルバー+クリアブルー少々でエアブラシ塗装後、クリスタルカラーのサファイアブルーGSIクレオス XC05 Mr.クリスタルカラー サファイアブルー(V1823)を吹いてDG細胞らしく異質な感じに。

こうすると角度によって青っぽく輝くのです。

ちなみに膝の丸のレッドもクリスタルカラー。

黒を下地にルビーレッドクレオス Mr.クリスタルカラー (XC03) ルビーレッド、その後クリアレッドを吹いてます。

今晩には仕上げて、明日には公開予定。。。
関連記事
HGUC ギャン | コメント:0 | トラックバック:0 |

HGUC ギャン [3]

IMG_5537.jpg

下準備完了。

IMG_5539.jpg

デビルガンダム製作以来のDG細胞。

今回はDG細胞に侵されたギャンという妄想設定で。

世界観の違いなど気にしない。

好きなように自由に作ってよい、それがガンプラ☆

IMG_5540.jpg

DG細胞加工終了。

同時に全身鋳造加工。

IMG_5541.jpg

こんな感じでね。

ツィンメリットもそうだが、加工後に適度に剥がすと、より良い感じになる。

続く。。。
関連記事
HGUC ギャン | コメント:0 | トラックバック:0 |

HGUC ギャン [2]

IMG_5535.jpg

上半身は大体加工完了。

前回のジェノアス同様、外装はディティールの追加は抑え目に。

股間にプラ棒を配してギャンっぽくしたり、ジオンらしくスパイクを追加したり。

指も地味ですが彫りなおし。

ドムトローペンの手は、造形自体は良いのですが(人差し指が動くのもポイント)ディティールの彫りが甘いのです。

IMG_5536.jpg

バックパックはMGを流用し大型化。

マスターのフレームを生かし、可動式に。

中央のバーニアユニットはHGUCバウから。

バウの二つのバックパックの大きいほう同士を貼り合わせ大型化。

続く。。。
関連記事
HGUC ギャン | コメント:0 | トラックバック:0 |

SDシナンジュ [3]

今日は休みなので、早朝から録音しておいた99とオードリ-のANNを聴きながら、ヤスリがけ。

昼過ぎに一旦休憩。

昼食をとって、録画しておいた昨日のレッドカーペットを見たいネタだけ見て、あとは飛ばして観覧。

しかし、COWCOWがなぜあんなにウケているのか理解できん。

正直面白いと思ったことは無いのだが・・・

もちろんネタは飛ばす。

コラボは飯尾師匠の部分だけ観る。

そんなこんなで・・・

IMG_5532.jpg

形はほぼ出来ました。

IMG_5533.jpg

リヒトを真似しつつも、だいぶ違う感じに・・・

いかんせん使用パーツが要所要所違うからしょうがない。

次はサフで傷を処理し綺麗に整形。

リヒトの豪華な感じも良いが、やはりワタシは力強い感じが好き。

なので昔HJに載ってたharry氏のサザビーみたいに鋳造加工で重厚な感じにしようかと。

ワタシの中であのサザビーは最高のサザビーだと思っているのである。

問題は各部バーニア。

かなりの数が必要・・・

ビルダーズパーツのバーニア。

あれ、いっぱい入ってるし買ってみるかな?

でもディティールが多いから、手持のバーニアパーツと合わせると浮いちゃうかもなぁ。。。
関連記事
SD リヒト・ナイチンゲール | コメント:0 | トラックバック:0 |

一次審査通過ですよ。。。

久しぶりにPCのメールを見たら膨大なメールが

いるのといらないのを仕分け。

そして迷惑メール。

量が多いとサクッと消すんですが、今回は少なかったので、たまたま見たわけであります。

GBWCからのメールが・・・



一次審査通過であります♪

あぶねぇ・・・

迷惑メールが多かったら見ずに消してるとこだった・・・

やはり定期的にメールはチェックしないとね。

では、応募画像をば。

rgdxebl1.jpg

rgdxebl2.jpg

やっぱりベースも造ったのが良かったのかな?

ディジェ単体だったら無理だったかも。

一次はうまく通過したが、二次審査は難しいかもね。

今回は好みが分かれる作風だから。

ある程度上の世代には支持してもらえるかも知れないけどね。。。

関連記事
戯言 | コメント:0 | トラックバック:0 |

SDシナンジュ [2]

IMG_5529.jpg

モリモリっとエポパテを盛り。

IMG_5530.jpg

荒削りで形に。

腕は長すぎたので元に戻す。

IMG_5531.jpg

言うまでも無く、後ろに倒れます。

お尻でなんとか支えてる状態。

支えるランディングギア的なものが必要だね。

で、現在ボリュームが足りなかったりするところにポリパテを盛り。

部屋が臭い・・・

換気中・・・寒い。

コレがなければポリパテは、いい素材なんですが・・・
関連記事
SD リヒト・ナイチンゲール | コメント:0 | トラックバック:0 |

HGUC ギャン [1]

ジオンMSが造りたい。

というわけで、積みプラ&ジャンクをあさり・・・

IMG_5473.jpg

ギャンに決定。

このキットは初期シリーズなので、ポリ間接むき出しが最大のネック。

そこで。

IMG_5475.jpg

ベタにマスターガンダムをミキシング。

この組み合わせ、散々やりつくされた感はありますが^^;

ただ、全部マスターはいかがなものか?と。

似てはいるが別物であると。

そこで前腕、脚部は変更。

腕はツィマッドつながりでドムトローペン。

関節の軸を削れば装着可能。

脚部は干渉部を削りポリキャップを交換するだけで装着可能。

腕、足は良いとして、頭はマスターの胴体のバランスにあわせると、やはりでかすぎる。

IMG_5528.jpg

で、プラの厚みギリギリまで削って小顔に。

同時に上下も削って短縮。

さらにパテで形状変更。

近藤和久氏のイラスト集 に載ってるギャンのデザインを取り入れ。

ビームサーベルはMGを使用し大型化。

過去MGギャンを二回作り、あのデザインが気に入ったので、パテで膝をボリュームアップ。

つま先も形状変更。

シールドはHCM-Proのヤクト。

現在、バックパックをどうしようか模索中。。。
関連記事
HGUC ギャン | コメント:0 | トラックバック:0 |

HG ジェノアスカスタム 2 [5]

完成で~す

zxe4bl1.jpg

のちのち必要な作品もあるだろうと、カモフラージュネットも練習で作ってみた。

これで背景をCGでジャングルにでも出来れば最高なんだが・・・

そういった系はサッパリなのだ。

zxe4bl2.jpg

この撮影のためだけに作った、何かについてた兵士のフィギュア。

記憶が確かならティエレンかと思うが・・・

オール筆塗り。ウォッシングしたら暗くなって、よくわからなくなったが、一応迷彩にしている。

zxe4bl3.jpg

zxe4bl4.jpg

zxe4bl5.jpg

拠点防衛用ジェノアス改
旧式となったジェノアスを再利用し拠点防衛用機体へと改修。
火力を重点的に強化、ソレに伴いセンサーも高性能タイプに変更されている。
最大の特徴である4脚は砲撃時の安定性はモチロン、あらゆる地形においても高い機動力、走破性を発揮。

みたいな。

IMG_5496.jpg

トサカを取ったら、ほぼザクw

IMG_5500.jpg

ミサイルポッドのみスクラッチ。

市販のダクトパーツとプラバン。ミサイルはランナー削り出し。

IMG_5512.jpg

基部フレーーム。

ジェノカスの腰+タイタスの腰の上にジェノカスの肩アーマー。

その周りにケストレルのバックパックやジャンクを貼って強度を上げつつディティールアップ。




主な使用キット
HG ジェノアス、ジェノアスカスタム、AGE-1タイタス、アルティメス改造キット

武器や細かい部分
ジャンク色々




今回はAGEキットを使用してモノアイタイプのMSを造るというのと、四脚の機体が作りたいという欲求の解消のために製作したわけであります。

一応パーツは使っているので、アルティメスコンテストに応募はしておきましたが・・・

一番のウリであるキャノンを使ってない人、他にいないでしょうな^^;

まぁ本命はトールギスですから。

さて、ジェノアスは色々な所で捨て値や処分価格で売られている不憫なやつですが。

潜在能力は馬鹿に出来ないです。

今回も9割はジェノ+ジェノカスのミキシングだけで出来ていますから。

皆さんも是非一度お試しを。

ということで、HG ジェノアスカスタム、今日まで~~~。。。


関連記事
HGジェノアスカスタム 2 | コメント:0 | トラックバック:0 |

HGUC NT-1 [2]

IMG_5227.jpg

う~ん、ほぼヘイズルだな。

どうも気に入らん。

IMG_5472.jpg

で。

結局腕はアレックスに戻す。

肘関節の稼動域は劣るが、そもそもワタシ、稼動は重視してない派なので。

セイラマスオ師匠の昔の作例を参考に彫り彫り中。

以前のバウで懲りたので完全再現はしません。

で、ココまで彫ったわけですが。

先日の記事で書いたようにガンダムに飽きたので、しばらく放置します。

ジオン系が造りたいのです。

じゃあ何を造るかって言うと、別に決まってないんですが。。。
関連記事
ガンプラ王 | コメント:0 | トラックバック:0 |

HG ジェノアスカスタム 2 [4]

IMG_5471.jpg

ウォッシング。

組んだまま行う場合エナメルは使えない。(割れちゃうから)

よって、組んだままの場合、ワタシは透明水彩絵の具で行う。

エナメルほどではないが、ちゃんとワントーン暗くなって全体がまとまるので問題なし。

デカールを貼り。

ドライブラシとウェザリング。

デカールの完全乾燥を待ってつや消しコートへ。。。
関連記事
HGジェノアスカスタム 2 | コメント:0 | トラックバック:0 |

HG ジェノアスカスタム 2 [3]

いまさら。



バイオⅣ観たの。

ゾンビがああも生き生きと走り回るのはどうかなと。

のろのろと大群で押し寄せるのがゾンビでしょ?

序盤で普通の人間に戻ったみたいな件があったのにヘリが落ちても生きてるし、やたら強いし。

最後に出てきた金髪ねーちゃん、ジルって。

見た目変わりすぎ・・・

最新作、どうなのかね?

さて本題。

IMG_5467.jpg

いまさらですが、アルティメスのパーツをジェノアスの腕に付ける方法。

ジェノの関節は太めでそのままでは入らないので、アルテのパーツのダボ部分を削って入るように加工。

あとは丁度イイ太さのランナーを突っ込めばOK。

あとは干渉部も削れば稼動もちゃんとします。

で。

IMG_5468.jpg

塗りました。

IMG_5469.jpg

画像は加工していますが、最後にクリアパーツをつければこんな感じになる予定。

頭部のデザインはザクっぽくしてみました。

IMG_5470.jpg

で、最近練習中の筆塗り迷彩。

このあとは汚していきます。。。
関連記事
HGジェノアスカスタム 2 | コメント:0 | トラックバック:0 |

HG ジェノアスカスタム 2 [2]

IMG_5395.jpg

IMG_5396.jpg

ずっとガンダム系が続いて、加工等がずっと同じ感じが続いていたため飽きた。

なので今回は違う感じに。

外装は溶きパテで荒らす。

どうせ荒らすのでディティールの追加は無し。

逆にフレーム部をハイディティールに。

ちなみに画像では見えないがモノアイにしています。

AGE、結局ジラやゼノ以降モノアイMSはシドまで一切出なかったな。

ジェノアスⅡ出すくらいならジラ&ゼノ出して欲しかったね。

コンパチでガラ&エルメダが出来るようなさ。。。
関連記事
HGジェノアスカスタム 2 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| ホーム |