KA-KUN's MobileSuit Factory BLOG

ガンダム野郎世代、かぁくんのガンプラ制作記







ゲイレール改 アヌビス 

IMG_3014.jpg

完成。

IMG_3025.jpg

IMG_3031.jpg

結局ゲイレールベースに変更。

だってカメラがクリアパーツだから。

エジプトの神「アヌビス」をイメージ。

流星号の目のアートデザインがエジプトの壁画の目っぽいなと思ったのがきっかけ。

IMG_3036.jpg

フレームを間に挟んで延長。

IMG_3039.jpg

ファラオ的に。

エジプトっぽく。

IMG_3043.jpg

バルバトスの脚部ベースの大型クロー。

IMG_3046.jpg

バルバトスのメイスにモックアーミーセットの斧。

IMG_3048.jpg

ゲイレールの装甲をシールドに。

IMG_3051.jpg

オプションセット+モックガトリング。

IMG_3055.jpg

ゲイレールと流星号の脚部にバルバトスのブースター。

タンクはモックガトリング。



使用キット
HG ゲイレール、流星号、ガンダムバルバトス第6形態、オプションセット2、モックアーミーセット


THE-O rphans同様、ミキシング作。

各使用パーツは途中画像で言うと、ピンクは流星号。グリーンはゲイレール、ホワイトはバルバトス、股間のイエローはリベイクとなっております。

一部加工及び接着はしていますが8割がたはミキシングだけで再現可能。

オルフェンズシリーズは価格が手ごろなので、こういう遊びがしやすくて良いですね。

皆さんもコレを参考に色々遊んでみましょう。

ということで、ゲイレール改 アヌビス、今日まで~~~~~~~
スポンサーサイト
HG ゲイレール アヌビス | コメント:0 | トラックバック:0 |

HG 流星号 [2]

IMG_2954.jpg

IMG_2956.jpg



続く。。。
HG ゲイレール アヌビス | コメント:0 | トラックバック:0 |

HG 流星号 [1]

IMG_2852.jpg

流星号。




組みやすいし、安いし、可動も良いね。

オルフェンズ。

まだ二期一話も見てないのね。

前作も終わってから二か月後くらいに一気見したしね。

さて。

コレがどうなるか。

IMG_2853.jpg

現状。

ゲイレールを使用。




というか、こっちがメインに なりつつあるが・・・

続く。。。
HG ゲイレール アヌビス | コメント:0 | トラックバック:0 |

HG ヴァッフ [6]

IMG_2906.jpg



IMG_2919.jpg

IMG_2910.jpg

IMG_2912.jpg

付属シールを有効活用。

IMG_2916.jpg

バズーカは一部をデザインとして残し、分割線を埋め。

IMG_2946.jpg

頭部は縦に詰めて、愛嬌のある感じを緩和。

胸のサーチライトはクリアパーツに。

IMG_2938.jpg

ディテールを追加。

IMG_2943.jpg

より試作機っぽくディテール密度を高めに。

IMG_2937.jpg

ディティール追加に浅いモールドを彫り直し。

IMG_2921.jpg

バックパックは採用版より試作っぽくディティール追加。

IMG_2932.jpg

IMG_2931.jpg

IMG_2928.jpg

IMG_2926.jpg

IMG_2924.jpg

各部にメタルパイプを使用。

IMG_2947.jpg

赤熱してるっぽく境目は、はっきりしないように。

クリスタルカラーを使用してるので実物はもっとキラキラ。





使用キット
HG ヴァッフ、オリジン版 高機動型ザクⅡ、モビルワーカー

  



久しぶりにシンプルにディテール追加のみ。

スミイレついでに軽く汚してはいるものの、ウェザリングもチッピングも無し。

ま、試験機ですので使い込まれることもそうないでしょう、ということで。

ククルス・ドアンの漫画見たら、結構使い込まれてそうな感じでしたが・・・




シールドは加工が必要ですが、本体は簡単に組換えで再現可能ですので、お試しあれ。

と、いうことで、HG ヴァッフ、今日まで~~~~~~~
HG ヴァッフ 高機動試験型 | コメント:0 | トラックバック:0 |

HG ヴァッフ [5]

IMG_2850.jpg

色塗り終わり。

今回は久しぶりにチッピングは無しの方向で。

カラーリングは思い付き。

デカール貼って、バーニア周り等汚したらお終い。

続く。。。
HG ヴァッフ 高機動試験型 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| ホーム |次のページ>>