KA-KUN's MobileSuit Factory BLOG

ガンダム野郎世代、かぁくんのガンプラ制作記





HGUCギャン[5]

日本シリーズが始まったが。

試合は3戦目ぐらいからじっくり見るとして(正直、1,2戦はどうでもいい派)、作業に没頭。

完成です。

blhggyan1.jpg

DGギャン。

ソードだけ艶有りで金ぴか仕上げ。

あとはいつもどおり、つや消し仕上げ。

blhggyan2.jpg

もし自分がビルダーズバトルに出るのならという妄想機体。

DG細胞で軽いダメージなら修復してしまうのだ!

blhggyan3.jpg

間接をハイディティールにしたことによる高い運動性と、強化したバーニアによる機動力で、一気に間合いを詰めて切り裂くのだ!

・・・

現実にプラモシミュレーターが出来るのは、いつになるのか。

・・・っていうか無理だろうけど

珍しくHPも更新したので細部の画像はソチラで。

HP→ KA-KUN's MobileSuit Factory




主な使用キット
HGUC ギャン、ドムトローペン、MG ギャン、HGFC マスターガンダム

武器や細かい部分
HGUC バウ、HCMPro ヤクトドーガ、他色々




やっぱりギャンは良いね。

マスターとのニコイチは手軽でオススメです。

それにしてもやっぱりジオン系はいい。

連邦系より作ってて楽しい。

あぁ・・・今度は水物が作りたい・・・

でも手持には無いからシバラク作ることは無いでしょう。

ということで、HGUC ギャン、今日まで~~~。。。


スポンサーサイト
HGUC ギャン | コメント:0 | トラックバック:0 |

HGUCギャン[4]

月末は忙しいので、中々作業が進まなかったが、ようやく完。

IMG_5589.jpg

あとは細部の塗り分け、メタルパイプ取り付け、バーニアに汚しのみ。

IMG_5590.jpg

機体の色のせいか半漁人っぽくなってしまった・・・

シルバー+クリアブルー少々でエアブラシ塗装後、クリスタルカラーのサファイアブルーGSIクレオス XC05 Mr.クリスタルカラー サファイアブルー(V1823)を吹いてDG細胞らしく異質な感じに。

こうすると角度によって青っぽく輝くのです。

ちなみに膝の丸のレッドもクリスタルカラー。

黒を下地にルビーレッドクレオス Mr.クリスタルカラー (XC03) ルビーレッド、その後クリアレッドを吹いてます。

今晩には仕上げて、明日には公開予定。。。
HGUC ギャン | コメント:0 | トラックバック:0 |

HGUC ギャン [3]

IMG_5537.jpg

下準備完了。

IMG_5539.jpg

デビルガンダム製作以来のDG細胞。

今回はDG細胞に侵されたギャンという妄想設定で。

世界観の違いなど気にしない。

好きなように自由に作ってよい、それがガンプラ☆

IMG_5540.jpg

DG細胞加工終了。

同時に全身鋳造加工。

IMG_5541.jpg

こんな感じでね。

ツィンメリットもそうだが、加工後に適度に剥がすと、より良い感じになる。

続く。。。
HGUC ギャン | コメント:0 | トラックバック:0 |

HGUC ギャン [2]

IMG_5535.jpg

上半身は大体加工完了。

前回のジェノアス同様、外装はディティールの追加は抑え目に。

股間にプラ棒を配してギャンっぽくしたり、ジオンらしくスパイクを追加したり。

指も地味ですが彫りなおし。

ドムトローペンの手は、造形自体は良いのですが(人差し指が動くのもポイント)ディティールの彫りが甘いのです。

IMG_5536.jpg

バックパックはMGを流用し大型化。

マスターのフレームを生かし、可動式に。

中央のバーニアユニットはHGUCバウから。

バウの二つのバックパックの大きいほう同士を貼り合わせ大型化。

続く。。。
HGUC ギャン | コメント:0 | トラックバック:0 |

HGUC ギャン [1]

ジオンMSが造りたい。

というわけで、積みプラ&ジャンクをあさり・・・

IMG_5473.jpg

ギャンに決定。

このキットは初期シリーズなので、ポリ間接むき出しが最大のネック。

そこで。

IMG_5475.jpg

ベタにマスターガンダムをミキシング。

この組み合わせ、散々やりつくされた感はありますが^^;

ただ、全部マスターはいかがなものか?と。

似てはいるが別物であると。

そこで前腕、脚部は変更。

腕はツィマッドつながりでドムトローペン。

関節の軸を削れば装着可能。

脚部は干渉部を削りポリキャップを交換するだけで装着可能。

腕、足は良いとして、頭はマスターの胴体のバランスにあわせると、やはりでかすぎる。

IMG_5528.jpg

で、プラの厚みギリギリまで削って小顔に。

同時に上下も削って短縮。

さらにパテで形状変更。

近藤和久氏のイラスト集 に載ってるギャンのデザインを取り入れ。

ビームサーベルはMGを使用し大型化。

過去MGギャンを二回作り、あのデザインが気に入ったので、パテで膝をボリュームアップ。

つま先も形状変更。

シールドはHCM-Proのヤクト。

現在、バックパックをどうしようか模索中。。。
HGUC ギャン | コメント:0 | トラックバック:0 |
| ホーム |