KA-KUN's MobileSuit Factory BLOG

ガンダム野郎世代、かぁくんのガンプラ制作記





1/1200 サラミス [4]

黄金もようやく終わるか。

近年は何の番組やねんって内容だったし当然。

むしろ良く続いた方ね。

ちゃんと伝説をやってる頃は面白かったのにね。

さて。

完成で。

IMG_2497.jpg

サラミス。

IMG_2503.jpg

後ろのデザインなんかはヤマトっぽくも あるなりね。

IMG_2513.jpg

IMG_2518.jpg

IMG_2521.jpg

やっぱりウォーターラインの各兵装セットの効果は絶大。

プラ材だけじゃ、こうは いかない。



IMG_2505.jpg

良く見えないが内部も市販パーツでディテールアップ。

IMG_2494.jpg

キットではプラのテンションで固定する方式だが、塗装が剝がれるので磁石を内蔵して取り外し自由に。



使用キット
1/1200 サラミス、1/700 ウォーターライン 小型艦兵装セット、1/700 ウォーターライン 大型艦兵装セット

  


今作をきっかけに、ちょっと戦艦にも興味がわいてきました。

MSはジオン系の方が好きだが戦艦は連邦系の方がカッコイイね。

他も作ってみたい・・・といっても、後はホワイトベースくらいしかキットが無いんですが^^;

EXモデルは完成度が高くてやることないでしょうし。

アーガマもあるがサイズが小さいしな。

ま、とりあえず次はムサイを作ろうと思います。

ということで、1/1200 サラミス、今日まで~~~~~~~
スポンサーサイト
1/1200 サラミス | コメント:0 | トラックバック:0 |

1/1200 サラミス [3]

IMG_2442.jpg

塗装お終い。

本体色は店頭で適当にチョイス。

ガイアのブルーグレーなり。



金色部分はマスキングせずに筆塗り。

クレオスのGXレッドゴールド。



この色は、お気に入りで愛用。

小面積なら筆塗りでもムラになりにくい・・・と思う。

下面の赤いフィンも筆塗り。

隠蔽力の低い赤で、この面積をムラなく塗るのは難儀なので、昔オール筆塗りで塗装していたころの技法で。




アクリルガッシュで塗装です。



ブランドは何でもいいんだが、100均のは やめておいた方が良いと思う。

最近のやつは使ってないんで品質がアップしてるかもしれないがね。

水で溶くと はじくので、水性の うすめ液で溶いてね。

もし、はみ出しても乾燥後つまようじ なんかでコリコリやれば剥がれますんで。

しっかり乾かしたらクリアーでコートし塗膜を丈夫にします。

で。

ドライブラシとウェザリングで。

IMG_2443.jpg

後は大砲とシャトルを着ければ完成。

シャトルは磁石着脱にしました。

続く。。。
1/1200 サラミス | コメント:0 | トラックバック:0 |

1/1200 サラミス [2]

IMG_2434.jpg

ディテールアップお終い。

IMG_2435.jpg

サフを吹きました。

ええ感じではないでしょうか?

IMG_2436.jpg

こういう細かい造形はガンプラのパーツには中々無いものなりね。

今後もスケールモデルを買ってみようか。

サラミスが終わりマゼランが、どうにも物足りなく見えたので、ディテールを再追加中。

続く。。。
1/1200 サラミス | コメント:0 | トラックバック:0 |

1/1200 サラミス [1]

今朝の地元紙の朝刊に中々粋な広告が。

IMG_2433.jpg

こんだけの文字数になると、そこそこいい値段よ。

ファンは偉大なりね。

メンバーに見せてあげたいよ。

さて。

IMG_2432.jpg

サラミス。



気づけばネット販売は売り切れだらけ。

で。

マゼラン以上に合いが悪く、そこらじゅう段差ができます。

特に下部のフィンが隙間だらけで接着も、ままならない。

とりあえずパテで段差を均し、アクションベース仕様に小改造。

マゼラン同様加工していきます。

続く。。。
1/1200 サラミス | コメント:0 | トラックバック:0 |
| ホーム |