KA-KUN's MobileSuit Factory BLOG

ガンダム野郎世代、かぁくんのガンプラ制作記





カスタマイズサーキットの景品

IMG_3140.jpg

届きました。

IMG_3141.jpg

ニッパーとピンセット&リアルタッチマーカー2セット。

同じ商品を2セット送ってくる気の利かないコンテストもある中、別の内容であります。

さすがバンダイわかってらっしゃる。

今月も何とか間に合わせないとね。

マスオ師匠の読者投稿時代の作品を真似て赤い百式にしようと思ってたが、今月号の作例でやられちゃったからなぁ・・・

どうしたもんかな。。。


関連記事
スポンサーサイト
戯言 | コメント:0 | トラックバック:0 |

今月の一冊。。。

毎月、まだ作品を読んだことが無い作家さんの作品、かつ1~2カ月以内に出た新書を読もうという目論見。

今月は。

吉田恭教

化身の哭く森

IMG_3142.jpg

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

化身の哭く森 [ 吉田 恭教 ]
価格:2160円(税込、送料無料) (2017/7/23時点)




シリーズモノ。

このシリーズずっと気になっていたが、ちょうど今月新作が出たので。

シリーズモノですが、初見でも各キャラの特徴や関係性が、すぐにわかって読みやすかった。

ミステリィにオカルト風味を付与した内容で、ページ数の割にはサクサク読み進められます。

殺害方法は見事ですね、こんな方法があるんだな、と。

実際に殺人に使用されるんじゃないかと心配なくらいの方法。(現実には科学捜査でばれるのかもしれないが)

実に良かった。これ以前のシリーズ作も読んでみたいと思います。

ちょっと値段が高めですが、夏休みの読書にいかが?

さて。

今月は。

IMG_3145.jpg

待望の若様の新作も出たので読み。

表参道のセレブ犬とカバーニャ要塞の野良犬




ラジオで話していたキューバ旅行のエッセイ本。

基本的にはトーク内容とほとんど一緒なので、リトルトゥースには、ものたりないかな?

まぁ、トークとは違った感じに綴られている部分も多々あるので買って損は無いでしょうが。

ラジオリスナーにも、そうでない人にも一読の価値ありなりね。

お試しあれ。。。
関連記事
戯言 | コメント:0 | トラックバック:0 |

結果発表。。。

カスタマイズサーキット結果発表

ヴァッフとゲイレールを参加させましたが・・・

どっちも入賞しましたYo。

IMG_3014.jpg

IMG_2906.jpg

ゲイレールは目立つように異形に仕上げたので入賞できるかな?とは思っていたが、まさかヴァッフも通るとは思わなんだ。

・・・思ったほど参加が無かったか?

これは・・・今回はテーマも無いし・・・皆々様、チャンスですぞ。

ツールセット狙えるぜ。。。
関連記事
戯言 | コメント:0 | トラックバック:0 |

HGUC ガンダムトリスタン [2]

IMG_3116.jpg

サイドアーマーですが。

元キットのアレックスがチョバムアーマー取り付けを前提にデザインされているので、かなり小ぶり。

スカスカでカッコ悪いのでプラバンをサイドに貼って幅まし。




IMG_3117.jpg

どうも寸詰まり感があるので、腹部下端を延長。

ますます身長が伸びてしまう・・・

腕付け根は近年キットのポリとボール軸の接続に。

大分カッコよくなりました。

あと、見えないが股間部分に穴をあけ、ポリを仕込みアクションベース対応に。

で。

IMG_3121.jpg

現在ディテール追加中。

サクッと終わるつもりが、やりだしたらアッチコッチと手を入れてしまって、もうちょっと時間かかりそう。

続く。。。
関連記事
HGUC ガンダムトリスタン | コメント:0 | トラックバック:0 |

今月の一冊。。。

毎月、まだ作品を読んだことが無い作家さんの作品、かつ1~2カ月以内に出た新書を読もうという今年の目標。

今月は。

IMG_3118.jpg

原田マハ

アノニム



感想は。

総合的に言うと、とても面白かった。

が。

怪盗モノとしてはわくわく、ドキドキと言う感じはちょっと足りないかな?

というのもメインの舞台がオークション会場なので、アクションや騙し騙されみたいな場面が無いのである。

敵役の見せ場もあまり無かったしね。

ルパン三世や、ドラマのテイクファイブみたいな感じをイメージして読み始めたからハードルが上がっちゃった感じなのね。




各設定が実に良く出来てるだけに、細かい部分が描き切れていないというか、消化不良というかね。

とは言え、怪盗パート、学生側パート、敵側パートと場面の切り替えや文章の読みやすさでサクサクとダレルことなく読んでいけます。

物足りないとは言ったが、わーっと盛り上がる部分もしっかりあり(特に学生パートのクライマックスね)、とても良い作品でした。

登場人物がそれぞれ個性的で実に魅力的なので、同じメンバーでシリーズ化してほしいと切に願う作品です。

同じアートが題材の「彼女の色に届くまで」と合わせて読んでみてほしいですね。



どちらも将来に悩む若者に良い指針となる・・・と思う。

絵が好き嫌い関係なく楽しめると思います。

お試しあれ。。。
関連記事
戯言 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| ホーム |次のページ>>